プロギア・サイエンスフィット日記(はてブver)

ゴルフメーカープロギアのスイング解析レッスン施設『サイエンスフィット』を通じて、ゴルフの上達を目指す人達をほぼリアルドキュメントでレポートします!

Hole 75 3ヶ月振りのゴルフ再開!

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルスのおかげで全ての予定を狂わされた2020年の春。もちろんサイエンスフィット日記メンバーも大好きなゴルフを長期間我慢せざるを得ない状況でした。

そうして長い外出自粛期間を経て、他県への移動も解除となった6月のある日曜日、久しぶりにゴルフ練習場に行くというメンバーの情報をキャッチしましたので、今回はその模様を紹介させていただきたいと思います。

 

3ヶ月振りのショット

■AM6:30 千葉県・某ゴルフ練習場

早朝の打ちっぱなし。満車状態の駐車場に現われたのは、、、

サイエンスフィット日記メンバー、K君(マスク着用)です。

 

『おはよう!ずいぶん早いなぁ。』

 

『おはようございまーす。ようやくボールが打てますね!自粛期間中は体を鍛えたり素振りをしたりしてきましたけど、どんな球が出るか楽しみです。』

久しぶりのショット練習ということでテンションが高いK君。早朝からやる気マンマンです。

 

逸る気持ちを鎮めつつ、まずはウォーミングアップをするK君。たしかに幾分体がスリムになったような気がします。

ブン!ブン!ブン!

おお、スイングもパワフルです。家の中で3ヶ月間フレループショートを振り続けた成果でしょうか。

 

さぁ、3ヶ月間ボールを打たないとどんな球筋が出るのか。その答えが出ます。

ガスッ。

 

『あうう、、、ど右。』

正解はプッシュアウトでした。3ヶ月間ゴルフをしていなかったゴルファーの67%が一球目は右にミスするというデータがあるのですがK君の復帰一発目も右への強烈なミスでした。

※n=6/㈱プロギア販促部調べ

 

3ヶ月振りのドライバーショット

と、突然ティーを取り替えるK君。

 

『やっぱりまずはドライバーですよね。ゴルフの醍醐味は飛ばしです。ドライバーから打ちます。』

どうやらさっきのショットは無かったことになったようです。K君の武器でもある攻撃的なドライバーショット。練習場の奥のネットにボールを突き刺してもらいましょう。

バキィィーーー

ーーーン。。。

 

『き、気持ちイイ。。。』

恍惚の表情でボールの行方を追うK君。その球は右のネットに突き刺さりましたが、とにかく3ヶ月振りのドライバーの感触に感動するK君。

自粛期間のストレスが浄化されていくかのごとく、無心にボールを叩き続けています。

ゴルフの本質は狙ったところにボールを運ぶことですが、ゴルフの醍醐味は思いっきりボールを引っぱたいて白球を大空の彼方にぶっ飛ばす非日常感です。

 

その後も狂ったようにボールを打ち続けるK君。ゴルフトランス状態です。

ちなみにショットは右に左に大暴れ。インパクト画像を見ても体が止まって手が浮きまくっているのがよくわかります。

どうやら3年間サイエンスフィットに通って身に付けてきたものは、きれいに消え去ってしまっているようです。

 

ふと振り返り、

マルチスピードテスターNEW REDEYES POCKETの数値を確認するK君。

 

『おお、以前よりヘッドスピードが1m/s速くなってます。でも、もっと飛ばしたいなぁ。』

 

『飛ばしたいならもっと地面の力を使わなきゃな。今のスイングは腕力で振り回してるだけだからそれ以上ヘッドスピードはあがらないよ。トップからの切り返しでヒザを曲げて体重を地面に落としてみて。』

 

『で、インパクト直前に地面を踏んで反動をつけてクラブを振ってみな。時代は地面反力だよ。俺はこれで(方向はさておき)飛距離が20ヤード伸びたから。』

言われた通りに振ってみる素直なK君。その結果、、、

 

『ヘッドスピードが0.4m/sあがって、飛距離が3ヤード落ちて、球は真右に飛んでいきました。』

皆さま、練習場でのおじさんからの無責任なアドバイスには十分気をつけましょう。

 

3ヶ月振りのアイアンショット

スイングがガタピシになっていたK君。とりあえず得意のアイアンで今まで練習していたことを思い出そうとしています。

正面からも。

インパクト直前

インパク

K君の悪癖であるリバースピボットとダウンスイングでのフリップ(タメがほどける)が出て、結果ハンドレートインパクトとなってしまっています。

 

『う~ん、ちょっと体がスエーし過ぎだな。もっと体重を地面に、、、』

 

『大丈夫です。間に合ってます。』

スイングの不調を感じたら、行きつけのスクールやいつもスイングを見てもらっている先生に確認してもらいましょう。おじさんからの無責任なアドバイスに要注意です。

 

3ヶ月振りのアプローチショット

スイングはあらためて後日サイエンスフィットで見てもらうとして、50ヤードのグリーンを目標に苦手なアプローチショットを練習することにしたK君。

 

黙々と練習を続けています。

 

 

 

 

いい感じじゃないですか?動画も撮ってみましょう。

撮った動画を止めてみると、

 

インパク

う~ん、アドレスとほとんど同じ形のインパクト。簡単に言って手打ちです。

 

■フォロー

手で打っている分、フォローではフェースが思いっきりかぶって左を向いています。

 

『手打ちだな~。マットだとわからないけど、芝生だとダフったりトップしたりミスが出そう。アプローチは胸と腕の動きを連動させなきゃ。』

 

『はぁ・・・。そうですか。』

 

『ちょっとテークバックあげてみ、、、。あ!ゴルフ侍が始まる!!もう帰らなきゃ。

時刻は7時30分。ここから自宅までは約30分。日曜朝8時の人気ゴルフ番組ゴルフ侍を冒頭のオープニングから見るにはもう帰らないといけません。

 

『え?そうですか、僕はもうちょっと打っていきます。早く勘を取り戻したいので!』

ゴルフが出来る喜びを噛み締め、まだまだ打ち足りないという様子のK君。自粛期間が長かった分、その反動でK君のゴルフ熱はさらに高まっているようです。

いつしか満席だった打席はガラガラに。早朝練習するおじさんゴルファーの83%はゴルフ侍を観るために8時前には家に帰るのです。こうして(邪魔者がいなくなって)ひとり残ったK君はひたすらボールを打ち続けるのでした。

※n=6/㈱プロギア販促部調べ

 

ということで今回は3ヶ月間クラブを握らないと、ゴルフ再開一発目のボールはどこに飛んでいくのかを検証してみました。(答えはド右)

さて次回は、サイエンスフィット日記の真夏のチャレンジを発表させていただきます。お楽しみに!

 

つづく

 

【お知らせ】

晴れて営業再開となりましたPRGR直営店。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。休業中にご迷惑をおかけしました直営店のお客様と当ブログ読者の皆さまへ、再開を記念して以下をご案内させていただきます。

 

①SF日記読者限定・PRGR公式オンラインショップで使えるお得なクーポン

PRGR GINZAオンラインショップでお買い物の際に、以下クーポンコードを入れたらさらに15%割引となるクーポンをプレゼントいたします。注意事項は以下をご確認くださいませ。

*クーポンコード:SF20PRGR

*有効期限 2020年6月9日~2020年8月31日(期間中複数回使用可能)

*PRGR公式オンラインショップPRGR GINZAオンラインショップでのみ使用可能です。

*AIRCOMPOなど、一部クーポンが使用できないアイテムがあります

*他のクーポンとの併用はできません

 

②PRGR GINZAオンラインショップ サマーセール

PRGR公式オンラインショップで夏のセールを特別価格セールを開催中。お買い得品満載、ぜひお立ち寄りくださいませ。

【セール会場はこちら(2020年7月8日23:59まで)】

※(ここだけの話)①の特別クーポンとの合わせ技でさらにお得に!

 

③サイエンスフィット短期集中 3回レッスンキャンペーン

サイエンスフィット、スイングスキャンの3回レッスンをお得な価格で受講いただけます。(詳しくはこちら)

*期間 2020年9月30日まで

 

 

Hole 74 おうち時間でレベルアップ!

 

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

長かった緊急事態宣言、外出自粛が開けてようやくPRGR直営店も営業を再開。サイエンスフィット日記メンバーにも日常が戻り、あらためてゴルフ上達に向けて動き出しています。

さて今回は、ゴルフに行けなかった4月、5月の外出自粛期間中にメンバーがどのようにおうち時間を過ごしたかを、またまた時を戻してお届けします。

 

メンバーのリフティングチャレンジ

■4月上旬 自宅

『練習も行けないしプロゴルフトーナメントも無いし。う~ん、やることが無い。よし、あいつらに声かけてみよう。』

ということで、ゴルフができないストレスをサイエンスフィット日記メンバーに投げかけてみました。

(当時流行っていた)ウェッジリフティングにチャレンジしてもらいましょう。

 

U君のチャレンジ

早速反応してくれたのは、レベル5ゴルファーの王様U君。その実力を見てみましょう。

おー!いきなり二刀流の高等テクニック。魅せてくれます。

 

E君のチャレンジ

続いてのご応募は、これまたレベル5ゴルファーの怪物飛ばし屋E君。飛ばし屋は小技が下手な印象がありますがどうでしょう。

うお!プロがやってるのと同じやつ。めっちゃ上手いです。横を歩く愛娘がまったく反応していないところを見ると、これは日常的な風景なのでしょう。

 

M君のチャレンジ

E君から遅れること2時間、ようやく次の挑戦者が現れました。若手のホープM君です。おそらく2時間一生懸命練習した結果は、、、

やりました!さすが器用なM君、見事に成功です。しかし、なんという実家感。背景の情報が多すぎてそっちに目がいってしまいます。

 

K君のチャレンジ

続いては、やっと来ました我らがK君。”努力と真面目が信条の不器用な男”というのが彼の特徴です。

全然ダメ!出直してください。

 

K君のチャレンジ②

懲りずに再登場のK君。さぁ、練習の成果は、、、

必死に食らいつくも、これまた残念。予想以上に難しいみたいです。

 

K君のチャレンジ③

翌朝、K君から送られてきた動画。

遂に成功!ウェッジリフティングは練習を続ければ絶対上達するのです。さすが努力の男K君。見事にクリアしました。(次は床からボールを拾ってください)

 

T君のチャレンジ

そして音沙汰が無かったT君からも動画が届きました。

リフティングできなくても無理やりポケットに入れようとしてます。努力よりも結果を重視するタイプですね。

 

S先輩のチャレンジ

そんな中、何とS先輩からも動画が届きました。学生時代サッカー部の名センターバックだったおじさんによる、若手に負けてたまるかという挑戦!

おー!見事に成功。これをリフティングと呼んでいいのかわかりませんが、チャレンジありがとうございます。

 

T君のチャレンジ②

S先輩の動画を見たT君が再チャレンジ。

S先輩方式で見事成功!とにかくプロセスよりも結果を出す男、先輩の仕事を真似てT君も無事クリアしました。

 

 

 

とそこへ、忘れていたあの男からの挑戦が、、、

 

 

F君のチャレンジ

なんと転勤によりサイエンスフィット日記から姿を消していたF君が久しぶりの登場!私の記憶よりもさらに15%くらい増量しているF君のチャレンジは、、、

成功したかどうかわからない感じでフェードアウトしていきました。

成否はさておき、元気なF君の姿を拝めて何よりでした。また会える時を楽しみにしています。

 

 

サイエンスフィット日記メンバーのリフティングチャレンジ。初めてリフティングにチャレンジした人間も多かったと思いますが、おうち時間で練習を重ねて見事結果を出してくれました。

と、ひと通り終了したはずなのに、もう1本動画が届きました。

 

K君のカップインチャレンジ

『アプローチの腕を磨くために、家の中でずっと練習してきました。これ見てください。』

おおー!見事コップのなかにプラスチックボールを沈めました。

苦手なアプローチを克服するためリフティングとともにチップショットの練習を続けてきたというK君。さすが努力の人です。

 

『アプローチ上手くなってるじゃん!』

 

『本当はアマチュアゴルファーズ選手権のために練習してきたんですけど、中止になってしまいましたね。。。』

そうなんです。更なるレベルアップを目指すために今年は競技に積極的に挑戦しようとしていたK君、春先に実施したサイエンスフィット日記オープンの次はアマチュアゴルファーズ選手権(旧パブリック選手権)への出場を決めていたのですが、あらゆるイベント、ゴルフ競技が中止になるなか、残念ながらこの大会も中止になってしまったのでした。

 

『そうだなぁ、次の目標が無くなっちゃったね。ブログ的にも困ったぞ。』

挑戦を続けることによって強くなるK君とサイエンスフィット日記。挑戦が止まればK君の進化もブログの更新も止まります。

さてどうしたものか。よし、ご意見番に相談してみよう。

 

サイエンスフィット日記・戦略会議

■4月下旬 自宅

ということで、今後の展開に向けてご意見番とWEBミーティングを実施することにしました。

 

『S常務、お疲れ様です。』

 

『おう、お疲れ。元気か!?』

『なにその顔!!(爆笑)』

エモい壁紙をチョイスしたS常務ですが、背景と顔の色が近い色だったので、結果的に猫が主人公のブロードウェイミュージカルの人みたいになってしまってます。

 

『いや、その、夏に向けてKのチャレンジをどうしようかと、、、プッ。ククク(笑)』

 

『う~ん、そうか。やっぱり目標が無いと人っていうのは成長しないからな。。。よし、ちょっと考えるわ。』

と、真剣な表情で語るS常務ですが、遂に顔面が背景と認識されて壁紙が顔面だけに貼りついてます。もはやタイガーマスクです。全然話が入ってきません。

 

『あと、俺も家でかなり練習したからよ。まあちょっと観てくれや。』

と言ってオリジナルソングを延々と歌い続けるS常務。思いもよらずオンラインライブを堪能することができました。

それはさておきK君の競技挑戦問題に対して、果たしてS常務はどのような答えを出すのでしょうか?

 

おうち時間で肉体改造

■5月下旬 自宅

外出せず家にいるとやはり気になるのが体力の衰え。というか単純にコロナ太りです。

特にK君に関して言えば、学生時代野球に青春を捧げた貯筋も使い果たし、ここ数年は確実におじさん体型への道を歩んでいました。

ちなみにゴルフでの70台は一向に出る気配が無いのに、体重はあっさり70台に到達。

ドライバーのフェアウェイキープ率は15%台ながら、体脂肪率は見事に25%越え。体脂肪計も遠慮無しに【体脂肪高い】と表示しております。

 

運転しながら菓子パンを頬張るのが人生の楽しみだったK君。

もしかしたらとんでもない変貌を遂げているかもしれません。

 

ということで、おうち時間を2ヶ月過ごしたK君に状況を確認してみました。

『お疲れ!どうだい在宅勤務は?家にずっといてお菓子ばっかり食ってると太るだろ。』

 

『そうですね。このままじゃヤバいと思って食事制限したり、走ったりして、何とか昔の体を取り戻せるように頑張ってます。』

というK君。夕食は鯖缶ブロッコリーだけにしたり、

早朝、土日にジョギングをした結果、

遂に、、、

(体重)60台に突入し、(ここ2年での)ベストスコアを達成したようです。

いくら練習を続けても結果が出ないゴルフとは違い、ダイエットと体作りはやればやった分だけ成果が出ました。真面目なK君にとって、おうち時間はじっくり体を鍛え直すには最適な日々だったようです。

 

 

ということで、今回はサイエンスフィット日記メンバーのおうち時間の模様をお届けしました。

なお、新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。また緊急事態宣言中も医療の最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かった医療従事者の皆さま、経済活動を継続いただいた皆さま、感染拡大防止のため自粛生活を続けていただいた皆さまにあらためて感謝申し上げます。

 

『Nさん、外出自粛期間が終わったらまず打ちっぱなしに行きませんか?家での練習の成果がどれだけ出るか、ボールを打つのが楽しみで仕方ありません。』

というK君のリクエストを受け、次回は2ヶ月ゴルフをしなかったゴルファーがどんな球を打つのか。この模様をお届けしたいと思います。

 

つづく

 

 

 

【お知らせ】

晴れて営業再開となりましたPRGR直営店。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なお、休業中にご迷惑をおかけしました直営店のお客様と当ブログ読者の皆さまへ、再開を記念して以下をプレゼントさせていただきます。

 

①SF日記読者限定・PRGR公式オンラインショップで使えるお得なクーポン

PRGR GINZAオンラインショップでお買い物の際に、以下クーポンコードを入れたら15%割引となるクーポンをプレゼントいたします。注意事項は以下をご確認くださいませ。

*クーポンコード:SF20PRGR

*有効期限 2020年6月9日~2020年8月31日(期間中複数回使用可能)

*PRGR公式オンラインショップPRGR GINZAONLINEショップでのみ使用可能です。

*AIRCOMPOなど、一部クーポンが使用できないアイテムがあります

*他のクーポンとの併用はできません

 

②SF日記読者限定・直営店来店特典ノベルティプレゼント

PRGR直営店の営業再開を記念しまして、SF日記読者の皆さまにPRGRオリジナルボールポーチをプレゼントいたします。直営店店頭でスタッフに『サイエンスフィット日記を見た』と言っていただければ、お渡しいたします。ぜひPRGR直営にもお越しくださいませ!

*期間 2020年6月9日~2020年6月30日(お一人様1個限り)

 

③サイエンスフィット短期集中 3回レッスンキャンペーン

サイエンスフィット、スイングスキャンの3回レッスンをお得な価格で受講いただけます。(詳しくはこちら)

*期間 2020年9月30日まで

Hole 73 スイングスキャンをゲストが体験!⑨じゅんやあく編集長

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルスの影響で長らく休業となっていたPRGR直営店も、おかげさまでようやく営業を再開しました。

今回は、サイエンスフィット営業再開第1号のお客様をご紹介したいと思います。

 

サイエンスフィット・スイングスキャンをゲストが体験!

■東京・銀座

銀座ガス灯通りの東端。今回の舞台はお馴染み、PRGR GINZA EXです。

すでにスタジオでスタンバイしている今回のお客様。

そのゲストのスイングがこちら。

おー、なかなかハイレベルな方のようです。

 

『あ!どうもご無沙汰してます。』

 

久々のサイエンスフィット日記【ゲストシリーズ】に登場いただくのは、、、

ゴルフ情報サイト『Gridge(グリッジ)』じゅんやあく編集長です!

 

『どうもお疲れ様です。営業再開おめでとうございます。』

春先のサイエンスフィット・ゲスト企画でじゅんやあく編集長にもお声掛けしていたのですが、緊急事態宣言によりやむなく企画を中断。再開を3ヶ月待っていただいていたのでした。

 

ちなみにGridge(グリッジ)は2016年春に立ちあがったゴルフ情報サイトで、スタートから1年あまりで月間閲覧数(PV:ページビュー)が240万を突破、現在では300万PVを超える。今もっとも勢いのあるゴルフメディアのひとつです。

特徴的なのは、記事を書くのはライター登録した350名以上のゴルファーで、自身の体験や知識をもとにレッスンだったり、トレンドだったり、雑学だったり、ギア情報だったり、、、さまざまな記事をゴルファーに向けて日々配信し続けているのです。

※サイエンスフィット日記もブログ開始当初に紹介いただきました

 

なお、ハンデ9のシングルプレーヤーであるじゅんやあく編集長には定期的にサイエンスフィットを訪問いただいていおり、その時々のスイングを記録させていただいております。

※かつてスイングスキャンを体感いただいた模様もしっかり記事にしてもらってます

 

昨年スイングスキャンを体験して自分がEタイプ(腕の回旋でボールをつかまえるタイプ)ということがわかり、アドレスを変えてからドライバーが絶好調。その後やや調子を落としたものの、お知り合いのレッスンスタジオでレッスンを受けてから復調し現在に至るとのこと。

『ずーっとチーピンに悩んでいたんですが、前回ココに来てその悩みが解決し、連続で70台も出しました。体の幅から腕を外さないように意識して、トップもコンパクトにしてからさらにボールが曲がらなくなって絶好調なんです。この状態をデータでも把握しておきたくて。』

と、語るじゅんやあく編集長のトップ。

たしかにコンパクトで曲がらなそうな、リッキー・ファウラーのようなスイング。素敵です。

 

スイングスキャン計測

ではスイングスキャン計測を始めたいと思います。測定スーツを身につけ、ポーズを決めるじゅんやあく編集長(元天才ギター少年)

ブース内360度に設置された専用カメラで、

全身に取り付けられた測定マーカーを読み取ることによって、

じゅんやあく編集長アバターが画面に登場します!

あれ?

出現したアバターは、本人とは違ってずいぶんくつろいだ感じになってます。

 

『あれ?すいません。足のマーカー、右と左を逆につけちゃいました。えらいすいません!』

測定スーツの着用をお手伝いしたのが裏目に出ました。長いおうち時間の影響で右と左がわからくなってしまうという痛恨のミス。(日常生活に戻るには何かとリハビリが必要かもしれません。)

 

気を取り直して(5分のタイムロス)、再度キャリブレーションをおこない、ようやくアバターが登場。

数発ショットしてもらいます。

 

これで計測完了。じゅんやあく編集長のスイングデータを詳細に数値化したデータを基に、いよいよ解析に移ります。

 

サイエンスフィット・スイング解析

スイング解析を担当するのはこちらもお馴染み、プロギアサイエンスフィット直営統括部の宮川部長です。

『ご無沙汰してます!よろしくお願いいたします。まずヘッド挙動ですが、前回よりインサイドアウト軌道の度合いが少なくなっていますね。このスイングポジションにいるとボールは暴れないはずです。』

『そうですね。最近ドライバーショットは安定しています。』

 

『次にシャフト挙動解析です。これでスイング中のフェースの向きや、クラブの動きがわかります。』

 

『テークバックやトップのフェース角は、プロの平均と比べても大きな違いが無く、問題ありません。』

 

『ちなみにダウンスイングでのコックの解け具合を確認する、アンコック角はちょっと少な目ですね。飛距離アップの伸びしろがあるとしたら、ここですね。』

じゅんやあく編集長のアンコック角は84.4度。プロの数値と比べると、ダウンスイングでややタメが解けるのが早いということになります。

 

『では、スイング中の体の動きを解析するスイングスキャンのデータを確認しましょう。』

 

『スイングスキャンでは、腕、胸、骨盤の動きを中心に、体の9箇所の動きを計測します。』

 

『この9箇所をアドレスからインパクトまで6つのパートに分けて、合計54のデータとその流れを総合的に見てスイング解析していきます。』

この数字だけでは、何がなんだか。

 

『それぞれのデータを理想的なスイングと比較することもできます。ちなみにこれはグレーの線がじゅんやあく編集長、ピンクの線がプロのスイングで比較したものです。』

この比較でスイング中の特徴的な動きを確認することができます。

 

『ではもう少し細かく見てみましょう。まず腕の動きですね。いかに腕でボールをつかまえるカタチがつくれているか。いわゆる”つかまり指数”というものです。じゅんやあく編集長のつかまり指数は”12”ですが、Eタイプスイングでこの数値はかなりハイレベルですね。インパクトでも全然手が浮いていません。』

 

『あ、前回体験した時は、”つかまり指数”って無かったですよね。知りたかったんですよ!手が浮いてないっていうのはうれしいですね。昔からの課題だったので。』

日々進化するPRGRサイエンスフィット。多くのゴルファーのデータを収集することにより様々なスイング指標を作り出しています。

 

『さらに様々な体の動きごとに、どのレベルにいるのかをこのシートで確認できます。』

おや?

これは以前には無かった評価軸ですね。私も初めて見ます。”つかまり指数”以外にもスイング中の様々な動きにおいて、自分がどのレベルにあるかを確認でき、スイングの課題をより明確に把握することができる表のようです。

直営店が休業していた間も、スイング研究の手は止まらず進化していたようです。

 

『今回の一番のポイントは、腕のつかまり指数ですね。インパクト直前のフェース角が以前と全然違いますよ。』

 

確かに以前のスイングではダウンスイングでフェースが上を向いています。ここから上手くボールに当てるには、手を使ってアジャストしなければいけませんが、その場合安定性が損なわれます。

 

『スイングスキャンの使い方として、調子の悪いときに原因を探るというのもありますが、理想は定期的に測定してその時のスイングの状況、課題への達成度を確認することですね。そういう意味では、今回のように調子の良いときのスイングを保存しておくというのはとても大事だと思います。』

上図のように、何度も測定している人はそのデータが財産となり、スイングの変遷が一目瞭然となるのです。

 

『なるほど。われわれアマチュアはなかなか好調をキープできないですからね。良い時のデータを保存しておけば、調子を落としたときに比較しやすくて良いですね。』

マチュアはもちろん、プロだって調子を崩したときはサイエンスフィットで好調時のデータを確認して調整しています。ぜひサイエンスフィットと長いお付き合いをしていただければと思います。

 

フィッティングと騒音おじさん

『ちなみに調子が良い時はクラブの性能の差が出やすいから、クラブフィッティングするには良いタイミングだと思いますよ。ちなみにこのドライバー試してみてください。』

と、宮川部長から渡された謎ドライバーを打つじゅんやあく編集長

バキィィィーーン!!

『お!凄い。何ですかコレ。めちゃくちゃ飛んでますよ!』

 

『いい球筋ですね。これは、、、』

 

 

『ちょっとー、このカメラどうやったら撮れるんだっけー!?』

隣のブースから大きな声が。こちらのブースにも聞こえてきました。

 

ガスッ!

 

『うおー、ダメだ。全然当たらない!』

直営店にも、(いつも以上の)賑やかさが戻ってきました。

 

『ずいぶん騒がしいお客さんが来たな。。。』

 

奇跡の邂逅。

ドゴッ

『ダメだ!久しぶりすぎて当たらん。宮川ってどこいったの?』

ずいぶん盛り上ってる、隣りの部屋のお客さん。

 

が、こちらのブースにやってきました。

 

 

『あれ?』

 

『・・・サイエンスフィット日記に出ているS常務じゃないですか!?』

ついさっき(前回)、PRGR銀座店に向けて旅立って行ったはずが30分もしないうちに戻って来たS常務。よっぽどボールを打ちたかったのでしょう。

 

『どうもどうも、ご苦労さんでございます。私プロギアという小さいゴルフメーカーに勤めている、Sというケチな野郎です。以後お見知りおきを。』

得意の口上で挨拶するS常務。

『いつもブログで拝見してます。はじめましてだけど、初めてと思えないな~。』

開始当時よりサイエンスフィット日記をチェックしてくれているじゅんやあく編集長。リアルS常務に会ってちょっとテンションあがっちゃってます。

グリッジの編集長とサイエンスフィット日記のご意見番による歴史的握手!

そしてすかさず除菌スプレーをシュッシュ。新しい時代の新しいマナーです。

ゴルフを愛するふたり、自粛期間中にゴルフに行けなくて溜まったストレスをぶつけ合い、一瞬で意気投合しています。

『編集長ありがとう!お互いゴルフ業界を盛り上げて行こうぜ。またサイエンスフィット来てよ!!』

 

『はい!これからもよろしくお願いします!ぜひゴルフ行きましょう。』

 

と、久々のゲストシリーズはS常務の乱入によって思わぬ形で幕を閉じました。

現在絶好調のじゅんやあく編集長、ご来店ありがとうございました!またのお越しをS常務ともどもお待ちしております。

 

さて次回は、長かった自粛期間中のサイエンスフィット日記メンバーのおうち時間の模様をお届けします。

 

つづく

 

 

【お知らせ】

晴れて営業再開となりましたPRGR直営店。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なお、休業中にご迷惑をおかけしました直営店のお客様と当ブログ読者の皆さまへ、再開を記念して以下をプレゼントさせていただきます。

 

①SF日記読者限定・PRGR公式オンラインショップで使えるお得なクーポン

PRGR GINZAオンラインショップでお買い物の際に、以下クーポンコードを入れたら15%割引となるクーポンをプレゼントいたします。注意事項は以下をご確認くださいませ。

*クーポンコード:SF20PRGR

*有効期限 2020年6月9日~2020年8月31日(期間中複数回使用可能)

*PRGR公式オンラインショップPRGR GINZAONLINEショップでのみ使用可能です。

*AIRCOMPOなど、一部クーポンが使用できないアイテムがあります

*他のクーポンとの併用はできません

 

②SF日記読者限定・直営店来店特典ノベルティプレゼント

PRGR直営店の営業再開を記念しまして、SF日記読者の皆さまにPRGRオリジナルボールポーチをプレゼントいたします。直営店店頭でスタッフに『サイエンスフィット日記を見た』と言っていただければ、お渡しいたします。ぜひPRGR直営にもお越しくださいませ!

*期間 2020年6月9日~2020年6月30日(お一人様1個限り)

Hole 72 PRGR直営店再開の日!

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月下旬より休業していたPRGR直営店も、6月8日からようやく全店営業再開となりました。

当ブログでも、前回までは新型コロナ感染拡大以前の模様をお届けしてきましたが、今回からいよいよ”ほぼ”リアルタイムでお届けいたします。

 

営業再開夜明け前

■東京・赤坂

気温が30度に達しようかという6月の初め。

赤坂の裏通りをひとりの男が歩いています。

 

この男は、、、

 

サイエンスフィット日記のご意見番プロギアS常務です。

※マスクで顔を覆っていると表情がわかりにくいので、あえて”smilin’(笑顔)”というブランドコピーのマスクをして堂々と街を歩くS常務。

 

『しかしN、今日は朝から本当に暑いな。長い一日になりそうだぜ。』

 

『そうですね。つい先日までゴルフ場の芝生は黄色かったはずなのに、気がつけばもう夏ですね。でも、いよいよ営業再開に向けて直営店も動き出しましたね。』

今回はS常務とふたりで、営業再開を直前に控えたPRGR直営店をぶらりと訪問して、その様子を確認していきたいと思います。

 

 

まず最初にぶらりと訪れたのは、地下鉄溜池山王駅の地下コンコースにあるゴルフスタジオ。

PRGR AKASAKA(赤坂)です。

 

 

営業再開に向けて準備中のPRGR赤坂。施設内にまだお客さんの姿はありません。

アイアンを手にして、

球を打つ男。

ダフッ!

 

『う~、2ヶ月ぶりにボール打ったけど全然当たらんな。笑えるぜ!』

 

店内を巡回するS常務。休業中に発売となった新商品が山積みになっています。

店内奥にあるサイエンスフィットの個室ブースもチェックするS常務。

おもむろにフィッティング用クラブを組み立て、

ショット。

パコッ!

 

ブース内では空気清浄機とサーキュレーターがフル稼働。S常務の微妙な打球音もきれいに吸い取ってくれました。

『よし!OKOK。準備万全だな。』

納得の表情のS常務。次の現場に向かいます。

 

インスタラクターの情報集約基地

赤坂から地下鉄で約30分。S常務が次に訪れたのはココ。

PRGR直営店で最大の面積を誇る、PRGR TOKYO-HUB(トーキョーハブ)です。

営業再開を待つ施設内、受付にはビニールカーテンが設置されています。

生徒さんの訪れを待つ8打席のスクール打席。

ショップエリアもチェックするS常務。

入荷商品もくまなくチェック。掘り出し物アイテムあるかしら。

さらに奥に進むS常務。

2つあるサイエンスフィット個室ブースのひとつの扉に手を掛けるS常務。

中にいたのはサイエンスフィットインストラクターの長井コーチです。

『おう、長井お疲れ。いよいよ再開だな。どうだ、お客さんは戻ってきてくれそうか?』

 

『お疲れ様です。そうですね、再開を待ちわびてくれてた生徒さんが多かったので、どんどん予約が埋まっています。』

インストラクターチームは手分けして、スクールの生徒さんやサイエンスフィットのお客さん数百名に営業再開の連絡を入れているようです。

 

続いてお隣のブースに入り、

TOKYO-HUBの小林店長と何やら話しこむS常務。

 

『小林さん、見た?この前の永ちゃんの未発表ライブのYouTube限定配信。最高だったでしょ。』

 

『おう、もちろんだよ。良かったなぁ。早くライブ行きてえなぁ。』

と、共通のお気に入りアーティストの話をして盛り上がりつつ、いつの間にか球を打つS常務。

ボゴ!

目の前のスクリーンに当てることさえ出来ずボールは右の壁へ。と、そこに続々とサイエンスフィットインストラクターが集結。

営業再開に向けミーティングをおこなうインストラクター軍団。知見を寄せ合い、研修をおこなうことによって、再開後は更にレベルアップしたサイエンスフィットレッスンをお届けできることでしょう。

(ちなみに我々には話の内容が難しすぎて付いていけないので、次の現場を目指すこととしました。)

 

帰ってきたGINZA

地下鉄都営大江戸線落合南長崎駅から約40分。3ヶ月ぶりに帰ってきました、銀座の街へ。

4月にはほとんど歩いている人が見られなった街並みにも人が増えています。

普段の賑わいを取り戻しつつあることにほっとするS常務と銀座の柳。

銀座ガス灯通りの端にあるビル。

光のトンネルをくぐり抜け、

エレベーターで3階に昇り、

PRGR GINZA EXに戻ってまいりました。

さあ、店内パトロールの開始です。

 

『あ!S常務、お久しぶりです。ちょっといいですか?』

ピッ

『はい、36.1度。OKです!』

検温器で体温チェックを受けるS常務。

お客様とスタッフの安全を守るため、来店者の健康状態を確認し衛生管理を徹底するべく、

様々な対策、準備をおこなっています。

※PRGR直営店の安全・衛生対策はこちら

 

ちなみに本格的な暑さを迎えるにあたって、このアイテムも準備中。

夏の暑さ対策ウェア、AIRCOMPO(エアーコンポ)です。今年の夏も暑くなりそうです。ぜひ直営店でその涼しさを体験してみてください。

その他、盛夏対策グッズコーナーも設置。いつでもお客様を迎えられる体制になっています。

 

続いて、練習打席エリアもチェック。

カツンッ!!

低い弾道を打ち続けるS常務。おそらくトップです。

 

 

施設内をくまなくチェックして、ほっとひと安心。ラウンジエリアのソファに腰掛けるS常務。

 

『ふう、なかなか良くなってるじゃんか。いろいろ大変だったけど、そろそろ復活だな。よし、直営も俺のゴルフも復活だ!』

サイエンスフィット日記のお目付け役兼サイエンスフィット直営店事業を統括する販売本部長のS常務のお墨付きがでました。いよいよPRGR直営店の復活です。

 

 

『宮川、スタッフの皆さん。これからリスタートだ。頑張ろうな!人生リカバリーショットの連続だぜ!』

 

『はい!まずは3ヶ月近くお待たせしたお客様に安心して戻ってきていただけるよう、万全の準備でお迎えします。』

 

『あと、3ヶ月停止してた俺のゴルフな。どうやら全然ダメみたいだ。頼むぞ宮川、お客さんも大事だけど俺の面倒も見てくれな。』

 

そう言い残してPRGR GINZA EXを去り、

踵を返してPRGR GINZA(銀座)、そしてPRGR NAGOYA(名古屋)の方向に歩いていくS常務。

その後、自分の足でまわり、自分の目で確認する現場主義のS常務から直営店営業再開宣言が発令されたのでした。

 

こうして晴れて営業再開となったPRGR直営店。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

なお、休業中にご迷惑をおかけしました直営店のお客様と当ブログ読者の皆さまへ、再開を記念して以下をプレゼントさせていただきます。

 

①SF日記読者限定・PRGR公式オンラインショップで使えるお得なクーポン

PRGR GINZAオンラインショップでお買い物の際に、以下クーポンコードを入れたら15%割引となるクーポンをプレゼントいたします。注意事項は以下をご確認くださいませ。

*クーポンコード:SF20PRGR

*有効期限 2020年6月9日~2020年8月31日(期間中複数回使用可能)

*PRGR公式オンラインショップPRGR GINZAONLINEショップでのみ使用可能です。

*AIRCOMPOなど、一部クーポンが使用できないアイテムがあります

*他のクーポンとの併用はできません

 

②SF日記読者限定・直営店来店特典ノベルティプレゼント

PRGR直営店の営業再開を記念しまして、SF日記読者の皆さまにPRGRオリジナルボールポーチをプレゼントいたします。直営店店頭でスタッフに『サイエンスフィット日記を見た』と言っていただければ、お渡しいたします。ぜひPRGR直営にもお越しくださいませ!

*期間 2020年6月9日~2020年6月30日(お一人様1個限り)

 

 

さて次回は、ようやく再開したPRGR直営店にさっそくゲストが来店。サイエンスフィット・スイングスキャンを体験すfる模様をお届けします!

 

つづく

 

Hole 71 超えよう。サイエンスフィット日記オープン!⑥衝撃の決着

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月下旬より休業していたプロギア直営店ですが、遂に営業再開いたしました。皆さま大変お待たせしました!

と、同時に当ブログで新型コロナ感染拡大以前に遡ってお届けしている、自らの限界を突破するための戦いサイエンスフィット日記オープンいよいよ決着を迎えます。栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのか!?いよいよ勝負は最終ホールです。

 

最後の戦い

ようやく大排気量エンジンが回転数をあげてきた若手のM君と、前半の勢いを取り戻してきたK君。

本日の見せ場が1ホールで終わってしまったS先輩。

我々最終組も最終ホールにやってきました。勝負はいよいよクライマックスです。

 

【南コース №9 512yards par5】

最終ホールはフラットなロング。2オンも可能な一発逆転ホールです。

劇的な展開に向け、オナーのM君がティーイングエリアにあがろうとすると、

 

 

『おーーーーい』

 

 

 

『こらーーー!!!』

 

 

『あ。』

 

『お前ら、先輩を置いてカートで先に行くなよ。もう!』

 

『すいません。なんかひとりになりたいのかと思って。』

前のホールパーだったM君とK君。OB打ち直しでトリプルボギーだったS先輩が何だか落ち込んでいたので、とりあえずカートに乗せずに次のホールに移動しちゃいました。何という後輩達でしょう。S先輩完全に怒っています。

ご機嫌ナナメのS先輩。チーム戦もやってますので、仲良くお願いしますよ。

 

ということで、気を取り直してM君のティーショットは、これもナイスショットでフェアウェイをキープ!

 

K君の本日最後のティーショットは、やや右で林方向。結局後半はドライバーが安定しませんでした。

 

最後に怒りのS先輩。

パキーーーン!!

これは素晴らしいショットでフェアウェイど真ん中です。

 

―セカンド地点―

ティーショットを曲げたK君のボールはこの位置。

完全に打てません。前半はラッキーなことも多々ありましたが、やはりゴルフも人生も運不運はプラマイゼロ。受け入れるしかありません。

取りあえずフェアウェイに出すK君。

 

 

M君は右ラフからグリーンを狙います。

ああっと、またダフった。

 

そしてM君よりさらに先まで飛んでいるS先輩。怒りが飛距離を20ヤード伸ばしました。

前半のロングでは見事2オンを成功させたS先輩。ここでも得意のスプーンが火を噴くか。

パキィィィーン!!

これも凄いショット!ピンに向かって飛んでいます。またまた2オンか!?

 

 

そして林から出したK君の3打目。得意の5番アイアンでグリーンを狙います。

あれれ。引っかけてグリーンをとらえられず。

 

 

お!向こうのほうで、先にホールアウトした怪物E君がグリーンサイドからこちらを撮影してくれています。

 

 

ということでM君の3打目は、別アングルでお届けします。

おお!残り90ヤード、見事グリーンをとらえました。【E君カメラ】

全身で喜びを表現するM君【E君カメラ】

 

 

続いてE君カメラが捕らえたのは、確実にセカンドショットを花道に運んだ私Nの3打目。朝イチのティーショット以来、誰も私を撮影してくれなかったんけど、E君ありがとう!

ピンまで30ヤードのアプローチ。【E君カメラ】

ドッフ。

『・・・。(あいつ余計なとこ撮影してんじゃねーよ!)』

 

K君のグリーンサイドからのアプローチは、、、【E君カメラ】

上手く寄せました!

 

そして、S先輩のセカンドショットはグリーンをオーバーしていてこの位置。怒りをパワーに変えて、スプーンで270ヤード飛ばしました。

このアプローチは、

あわやイーグルというナイスアプローチ!

タップインで楽楽バーディー。

最後にようやくバーディーが来ました!ナナメだったご機嫌が一瞬にして直り、満面の笑みでホールアウトするS先輩。

 

M君のバーディーパットは惜しくも決まらず。

M君、K君、Nの3人はパーでフィニッシュ。最終組の4人とも、有終の美を飾ることができました!

 

長い戦いもこれで終了。

ゴルフ場にかかる太陽もいつの間にか落ちかけています。

 

さあ最終ホールのスコアを入力して、トータルスコアを確定させます。

ベストスコアの期待が高まったK君は、、、

後半48と崩れて限界突破ならずー!!

(後半最初の4ホールで9オーバーなので、早い段階でわかっていましたが。)

 

『う~、、、後半は思うように行きませんでした。42で回れば70台だったんですが、狙って42を出すことがこんなに難しいとは、、、実力がまだ足りていませんでした。』

結果は残念ですが、普段の実力だと後半57打ってトータル94フィニッシュだったと思うので、何だかんだ言って実力はアップしていると見て良いでしょう。

 

そして実力急上昇で期待されていたM君は後半44でまわるも、前半の出遅れを取り戻せずトータルスコア94。

『今日はショットが全然ダメでした。やっぱりまだまだ実力も経験も足りていません。Kさんとの差を痛感しました。練習して出直します!』

打倒K君をひそかに狙っていたM君ですが、それはまだ先のようです。(S先輩との差はあまり感じていない模様)

 

最終ホールをバーディーで締めくくったS先輩は、トータル89。

『最後バーディー取れて80台で回れてよかったよ。もうずっと腰が痛くてスイングも出来ない状態だったから。お前ら俺をカートに乗せろよな。』

そう言いながら最後のバーディーでご機嫌のS先輩。(とりあえず私はS先輩に1打勝ってほっとしています。)

 

さあ、全選手のスコア入力が完了しましたので、いよいよ結果発表に移りたいと思います。

 

 

結果発表ー!!

続々と会場に集まる選手たち。

 

ラウンドを終え、笑顔で談笑する選手の皆さん。自分の限界に挑戦した達成感に包まれています。

その中でもひときわご機嫌のS先輩。

アフターゴルフのテンションは、最終ホールのスコアと比例します。

 

さあ、遂に結果発表です。

自分のベストスコアがパースコアになるサイエンスフィット日記オープン。過去の自分に対してどれだけ勝ったか、負けたかで順位を争います。

私の手元には、ゴルフ場に集計していただいた成績表が届きました。

 

『では皆さん、大変お待たせしました。早速ですが、シングルス戦の結果を発表します。まず第3位。』

 

『パー81、スコア85でトータル4オーバー。K君です。』

なんと前半を4アンダーとしてぶっちぎりの首位だったK君が、後半叩いてしまって3位に転落。K君の限界突破と優勝ならず!!

賞品の『う○い棒50本分』の目録を手に喜ぶK君。ゴルフ競技で始めて表彰されました。

 

『続きまして準優勝の発表です。パー74、スコア78で同じく4オーバー、H君です。』

まったくのノーマークだったかつての上級者(いまは呑み助)H君が準優勝!ベストスコア74ながら78でラウンドしたのは立派です。朝ビール、昼ビール、ラウンド後のビールが効いたのでしょうか?

 

 

『では皆さん、いよいよシングルス戦の優勝を発表します。』

 

そもそも当競技のルールは、初心者T君から”コンペをやっても結局上手い人が優勝する”という意見から生まれたものです。

プロでも初心者でも、自分の限界を突破するのは同じ大きさの壁です。その壁に向けて、より多くの努力をおこなったものが栄冠を掴むのです。

 

『・・・。(ドキドキ)』

 

『優勝は、、、パースコア68、スコア70で2オーバー、Y選手です!』

優勝したのは、本大会一番の実力者、日経カップ代表のエースY選手でした!

ベストスコアが多い人ほど有利かと思った当大会ですが、結局上手い人が優勝しました。いや、上手い人というよりも、限界突破を目指してずーっと練習してきた人。というほうが正しいと思います。

 

『ズコーーーー!』

ちなみに前半を2オーバーの3位で折り返したT君でしたが、結局トータルスコア114の7オーバーフィニッシュ。馬群に沈みました。

結局、20選手が自らの限界い挑んだサイエンスフィット日記オープンですが、残念ながら自己ベストを更新した人はゼロ。限界突破の難しさをあらためて感じました。

 

 

『では続きまして、団体戦の表彰をおこないたいと思います。』

同組4人のサイエンスフィット日記方式スコアの合計で競う団体戦。ラウンド中、励まし助け合ったチームワークの良いチームは果たして!?

 

『・・・(ドキドキ)』

 

『優勝は、トータル27オーバーで、【WEBマスターズ】です。』

さすが普段から一緒に仕事し、目的達成に向けた課題解決、トラブル対応を高速でおこなっている4人。見事なチームワークで団体優勝を勝ち取りました!

 

『ズコーーーー!』

 

 

『え~、団体戦は結構接戦でしたが、【因縁おやじ対決】チームにつきましては、トップと31打差離されてダントツの最下位です。』

『おいおい!何だよそれ。だいたいKさんのベストスコアがむちゃくちゃなんだよ。ベストスコア79なのに何100打っちゃってるんだよ!』

 

『何だと!俺だって頑張ったんだぞ!優勝候補の”広告会社の人”だって、全然評判倒れだし!?』

 

『ちょっと何言ってるんですか!?そもそもS常務だって偉そうに言ってた割に100切れてないでしょうが。』

 

『てめえ、このやろう!!』

あれだけ楽しそうにラウンドしていた爆弾が、まさかここで爆発するとは思いませんでした。それだけこのチームでの優勝を願って頑張ってラウンドしたということでしょう。

ということで、表彰式は終了。

 

第1回サイエンスフィット日記オープンは無事終了となりました。

 

 

戦いのあとの充足

表彰式終了後、K君とS常務を発見。S常務がK君の今日の健闘を称えています。

『しかしK、前半の37は凄かったなぁ。今日こそ70台だと俺は本気で信じてたぜ。』

 

『はい、次こそ頑張ります。それよりS常務、ドンマイです。前半49だったのに、後半は54。ダボペースですね(笑)』

S常務の心をえぐるK君。

 

こうしてゴルフ場をあとにして、途中コンビニに立ち寄ったK君は、

『んぎゅっ、んぎゅっ、んぎゅっ、んぎゅっ、、、』

『んがー!うまい!!』

喉がはじける勢いで炭酸飲料を一気のみするK君。溜まっていたストレスを一気に解放している感じです。今日のラウンドはかなりの緊張感のなかでの戦いだったのでしょう。

 

『よし、今日はちょっとだけ壁の向こう側が見えたので、次こそはやりますよ!壁の先にはさらに高い壁がありますが、これからも挑戦し続けます!』

己の限界に挑んだサイエンスフィット日記メンバーのK君。これからも主役として当ブログを盛り上げていってもらいましょう。

 

 

―50分後―

無事K君を自宅マンションに送り届け、ようやく一日が終わりを迎えようとしています。

と、そこに。

 

『おとーたーん!』

 

80センチくらいの小さい物体がK君を直撃!?

 

『あぎゃあああああああーん!!!』

大暴れで泣き叫ぶ小さい物体。

よく見ると、K君の一人息子、球太郎くん(仮名:2歳)です。

『ぎゃあああああああーん、あん、あん、ぎゃー!!!』

愛する父の帰りを待っていた球太郎くん(仮名)。戦いを終えて帰ってきた父の姿に、いつもに増して爆泣きしています。

守るべき愛するものの存在を忘れて、己のために戦ったK君。お疲れ様でした!(小さい子供がいるのに、ゴルフばっかりしてるんじゃ無いよ。)

 

 

衝撃の結幕とプレゼント!

 

―2020年6月―

白熱のサイエンスフィット日記オープンから3ヶ月、激闘の模様をブログ記事にすべく成績を集計していたら、恐るべき事実が判明しました。

『あ、あれ?こ、これは、、、』

 

 

ホール毎に選手のスコアを入力した結果、パースコア107で4オーバーだった広告会社の人が実際には2位であるという衝撃の結果が判明しました!

サイエンスフィット日記オープンは同スコアの場合は【マッチングスコアカード方式】とで順位を決めます。この方式だと後半3アンダーで回った広告会社の人が準優勝ということになります。H君が3位に、そしてK君はまたまた次点の4位に転落ということになります。

※スコアが同スコアの場合は後半の9ホールのスコア、それも同じ場合は13~18番ホールの合計スコア、それも同じ場合は16~18番ホールの合計スコアで順位を決める方式

 

『う~ん、、、まいったなぁ。今さら順位変更なんて言えないし、賞品の”う○い棒”返せってK君に言ったら、球太郎くん(仮名)また大泣きするよな。。。よし、広告会社の人にお詫びしつつ、3ヶ月間サイエンスフィット日記オープンを引っぱりまくっちゃった読者の皆さん、さらに直営店の休業でご不便をおかけした皆さんに向けて何か考えよう。』

 

ということで、サイエンスフィット日記オープン団体優勝チーム【WEBマスターズ】の協力を得て、広告会社の人と当ブログ読者の皆さまに以下をプレゼントさせていただきます。

 

①SF日記読者限定・PRGR公式オンラインショップで使えるお得なクーポン

PRGR GINZAオンラインショップでお買い物の際に、以下クーポンコードを入れたら15%割引となるクーポンをプレゼントいたします。注意事項は以下をご確認くださいませ。

*クーポンコード:SF20PRGR

*有効期限 2020年6月9日~2020年8月31日(期間中複数回使用可能)

*PRGR公式オンラインショップPRGR GINZAONLINEショップでのみ使用可能です。

*AIRCOMPOなど、一部クーポンが使用できないアイテムがあります

*他のクーポンとの併用はできません

 

②SF日記読者限定・直営店来店特典ノベルティプレゼント

長らく休業しておりましたPRGR直営店も、6月8日よりいよいよ全店で営業を再開しております。再開を記念しまして、SF日記読者の皆さまにPRGRオリジナルボールポーチをプレゼントいたします。直営店店頭でスタッフに『サイエンスフィット日記を見た』と言っていただければ、お渡しいたします。ぜひPRGR直営にもお越しくださいませ!

*期間 2020年6月9日~2020年6月30日(お一人様1個限り)

 

 

以上、長きに渡りお届けしてきましたサイエンスフィット日記オープン編も今回で無事?終了。

サイエンスフィット日記メンバーも、おうち時間を経て、新たなる目標にむけ活動を再開しております。

引き続き、彼らの活躍にご期待、お楽しみくださいませ。

 

(まだまだ)つづく

Hole 70 超えよう。サイエンスフィット日記オープン!⑤終盤の苦闘

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月下旬より休業していたプロギア直営店ですが、PRGR NAGOYAが6月1日より遂に営業再開。都内の4店舗(GINZATOKYO-HUBAKASAKA、GINZA EX)も明日6月8日から営業再開いたします。大変お待たせいたしました!

と、同時に当ブログでも自らの限界を突破するための戦い、サイエンスフィット日記オープン新型コロナ感染拡大以前に遡って開幕。総勢5組20名の選手が、過去の自分(ベストスコア)と真っ向勝負で戦っております。栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのか!?K君、S先輩、M君と私Nの最終組を中心に、ラウンドの模様をお届けしてまいります。

 

苦難のはじまり!

前半を37の好スコアで折り返し、後半のスタートも素晴らしいティーショットを放ったK君でしたが、結局後半のスタートホールはトリプルボギー。自己ベスト達成のためには、何とかここから耐えて行きたいところです。

 

【南コース №2 400yards par4】

セカンド地点からほぼ直角に右に曲がるドッグレッグホール。ティーショットを左に打つと距離が残ってしまう。

先ほどのホールでは思うようなショットが打てなかった3人。しきりにスイングをチェックしています。

 

まずは遂にK君からオナーの座を奪ったS先輩。

これは狙い通り、フェアウェイ右サイドに。

 

続くM君は、

おっと、左にひっかけてしまいました。

 

そしてK君は、

あっと、珍しく右にスライス!まだ先ほどのトリプルボギーを引きずっているのかもしれません。

 

引っかけてしまったM君の2打目は林から出すだけ。

 

右に打ってしまったK君は左足下がりのライから、残り170ヤードのバンカー越えという難しいのセカンドショット。

上手く打つも、グリーンまで届かずバンカーに入ってしまいました。

 

先ほどのホールではバンカーから大ホームランを打ってしまいました。先ほどの悪夢が脳裏をよぎります。

おおっ!今回はうまく脱出に成功しました!

 

S先輩も得意のランニングアプローチでピンに寄せます。

 

M君は難しい位置から、ロブショットで寄せワンに成功。

ショットが乱れるなか、必死に小技で耐える3人。K君はボギーで何とか耐えています。

 

【南コース №3 364yards par4】

ほぼストレートなミドルホール。左の林の先には池があり、危険です。

 

何とかスイングを修正したいS先輩。

 

S先輩からオナーを取り返したK君のショットは、左を恐れるあまり右へ。

前半のようなドライバーショットがなかなか打てません。

 

かたやS先輩のティーショットは左へ。素振りの時に意識していたようなことが出来ず、インパクトで手が浮いてしまっています。

 

M君もまたまた左。S先輩以上にインパクトで手が浮きまくっています。

今日はドライバーが大暴れして苦戦しているM君。やはりまだまだ経験値が足りないのでしょうか?

 

S先輩とM君のセカンドショットは、左の林から出すだけ。

 

一方、K君のティーショットは、右ラフに残っていました。

すると、

前方から不審者が。

 

『すいませ~ん。失礼しまーす。』

 

 

あ!2組前【WEBマスターズ】の初心者ゴルファーT君です。

 

『お邪魔しま~す。いや~、全然ドライバー当たらなくて笑っちゃいますよ。ドライバーでシャンクしちゃいましたw』

 

と楽しげに報告して、思いっきりダフりながら去っていくT君。(ボールがディボットに入っていても全然気にしてない)

 

T君の、ミスしながらも楽しげにラウンドする姿にちょっと癒されて、K君も肩の力が抜けたようです。

セカンドショットはピン筋に久々のナイスショット!

 

そしてフェアウェイ真ん中からのM君のサードショットは、、、

大ダフり!!

ドライバーの引っかけ、アイアンのダフリが今日のM君の主なショット内容となっております。

 

ちなみにグリーンに行ってみるとK君のボールが無い。

探してみるとピンを20ヤードオーバーしていました。アドレナリンが大量分泌されていたのでしょうか?

 

この難しいアプローチショットを、

シャ、コン!

あっと、シャンクして目の前の木に当ててしまうという痛恨のミス。

 

そして、

カツーーー!!

あー、またやってしまいました。トップしてグリーンをオーバー。花道まで転がっていきました。

 

花道からのアプローチは何とか寄せて、

これを何とか1パットで沈めました。

ただしこれはガッツダボ。

前半には全く想像できなかったK君のミス。でもどちらかと言えば、これが本来のK君のゴルフです。

 

と、次のホールに向かう途中で、1組目の【TEAMガチ勢】長井コーチが隣のホールからやってきてました。

『いや~、ミドルで1オン狙いしたら曲げちゃいましたよ。もう攻めるしか無いですからね。』

そう言ってロブショットでいとも簡単にグリーンに乗せ、去っていきました。長井コーチのベストスコアは65、限界突破するには全ホール攻め続けるしか無いのです。

K君もこんなところで足踏みしているわけにはいきません。

 

【南コース №4 411yards par4】

フラットなミドルホール。ティーショットが林に入らないように注意すればパーが獲りやすいホールです。

 

調子を取り戻してきたS先輩はここもナイスショット。

 

M君はまたまた引っかけて左の林。

 

そして、

 

K君はプッシュアウトで入れてはいけない右の林を越えて隣のホールへ。さっき出会ったT君もこんな球筋だったのでしょう。

思わず苦笑いのK君。まだ深刻な感じには見えません。

 

そして隣のホールから2回かけて戻ってきたK君。寄せワンを狙いたいところですが、、、

寄らず、入らず、入らずで気がつけばトリプルボギー。スタートホールに続いてこのハーフ2回目の素トリを叩いてしまいまいた。

あれ?そろそろ本格的にやばいんじゃないでしょうか?

 

先輩ゴルファーの意地

【南コース №5 159yards par3】

砲台グリーンのショートホール。左手前にはアゴの高いバンカーがあります。

安定のS先輩のショットは、、、

来ました!ピン手前5メートルにナイスオン!

バーディーチャンス。そろそろS先輩の時間になってきました。

 

続くM君は引っかけてしまい、入れてはいけない地獄バンカーへ。

 

そしてK君は、、、

引っかけてグリーン手前のラフに。いつものK君が戻ってきました。

 

そしてボロボロになりながらの40ヤードのアプローチは、

あわやチップインというナイスリカバリー!

 

地獄バンカーのM君は、

うまく脱出したものの、ピンに寄せることはできず。

 

さぁ、そしてS先輩のバーディーパットは、

惜しくも外れて、残念ながらパー。

 

ちなみにK君もしっかり20センチのパットを決めてミラクルパー。

まだまだK君の目は死んでいません。

 

【南コース №6 333yards par4】

距離の短いミドルホール。ティーショットは安全に刻んでセカンドショットで勝負したい。(先ほど長井コーチが1オンを狙ったホールです)

 

勢いに乗るS先輩は得意のスプーンでフェアウェイ真ん中をキープ。

 

K君は5番ウッドで打つものの、ひっかけてしまい左の林へ!

ショットがなかなか安定しません。

 

最後に、今日全然見せ場が無いM君。

これが、

バキューーーーン!!

『うお!ナイスショット。』

遂に出ました、豪快なナイスショット。スプーンで250ヤードくらい飛んでいます。

球筋は安定しないものの、あきらかに今までより飛んでいるM君。私Nが練習し続けてなかなか手に入れられない”地面反力”を、M君はしっかり使って飛ばしています。

 

林に入れてしまったK君は木の隙間からグリーンを狙います。

 

そして豪快なティーショットから、セカンドをこの位置に乗せたM君。

本日初のバーディパット。

これを入れたー!!

起死回生のナイスバーディーです。

盛り上がるメンバー、お互いの好スコアはチームの好スコアでもあるのです。

さあ、残すは3ホール、3人の巻き返しなるか!?

 

若手ゴルファーの覚醒

【南コース №7 387yards par4】

やや左ドッグレッグのミドルホール。右サイドにある大きな木がセカンドショットを狙いづらくしています。

 

バーディーを獲って勢いにのるオナーのM君。このティーショットもナイスショット!

 

S先輩は林方向に、、、と思いきや気合いでフェアウェイに戻ってきました。

 

K君も右からドローで戻してきました。

が、戻りきらずボールは右ラフ。目の前の大きな木がピンを狙うには邪魔になります。

前半の最終ホールで見せた、ライナーカットがまた炸裂するのか?

 

 

コーン、、、

 

 

 

これは残念ながら木の幹にストライク!前半のアレは単なる奇跡で片付けてもいいのかもしれません。

 

 

一方のM君はフェアウェイからナイスショット。

堅実なゴルフで徐々に盛り返してきました。

ちなみに実力とツキに見放されたK君は、このホールもダブルボギーを打ってしまいました。

 

続いてのホールはショートホール。

前の組のおやじさんたちも苦労しています。(でも楽しそう)

 

【南コース №8 187yards par8】

距離のあるショートホール。左右に曲げるとトラブルになりやすいので、花道方向を狙いたい。

 

オナーは、やっと大排気量エンジンのアイドリングが終わったM君。

バシイッ!

これもナイスショット!見事グリーンに乗りました。

 

続くS先輩、先ほどのショートホールではバーディーチャンスにつけましたが、

バシイ!

『あっ』

これは大きく左に巻いて林の中へ転がっていきました。

 

続くK君のティーショットは、久しぶりのナイスショット!!

グリーンをとらえました!

 

ひとり左の林に打ちこんでしまったS先輩。ボールを探し回ってますがなかなか見つかりません。

カート道路を転がって、意外と奥まで転がってしまったようです。

 

―2分35秒経過―

 

『あ、あった!Sさん、ありました!』

お!K君がOBエリア付近でS先輩のボールを発見。

『う~ん。OBかセーフか微妙ですね。よし、2年ぶりにD.L.Tで確認しましょう。』

 

D.L.T(デベソ・ライン・テクノロジー)オン!!

 

『Sさん、完全にOBです。』

 

『・・・。』

 

屈辱の打ち直しは大きくダフってしまい、グリーンの遥か手前から4打目を打つS先輩。何だかずいぶん小さく見えます。

そしてグリーンには、

ピン奥3メートルにナイスオンしたM君のボールが!

エンジンが温まって、ギアが一段あがってきたM君。

と、亡霊のようにフェアウェイを彷徨うS先輩。

 

さあ、M君のバーディーパット。

これは、

惜しくも入らず。

 

M君とK君は仲良くパー。S先輩は悲しみのトリプルボギー。

 

目まぐるしく入れ替わるサイエンスフィット日記主役対決。最終ホールを前にして主役の座に躍り出たのは最若手のM君。

いよいよ勝負は最終ホールへ。主役の座と栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのか?

 

遂に次回決着です!

熱狂ゴルファーの皆さま、こんにちは。

PRGRで販促を担当しております、Nです。

ゴルフメーカーPRGRが誇る、科学的なスイング解析とレッスンを融合させたゴルフ上達メソッド『サイエンス・フィット』に通って、楽しく・真剣にレベルアップを目指すゴルファーの姿を追い続ける”ほぼ”リアルドキュメントブログ、サイエンスフィット日記

新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月下旬より休業していたプロギア直営店ですが、PRGR NAGOYAが6月1日より遂に営業再開。都内の4店舗(GINZATOKYO-HUBAKASAKA、GINZA EX)も6月8日から営業再開いたします。大変お待たせいたしました!

と、同時に当ブログでも自らの限界を突破するための戦い、サイエンスフィット日記オープン新型コロナ感染拡大以前に遡って開幕。総勢5組20名の選手が、過去の自分(ベストスコア)と真っ向勝負で戦います。栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのか!?K君、S先輩、M君と私Nの最終組を中心に、ラウンドの模様をお届けしてまいります。

 

ゾーンに突入!

難関のショートホールで、今日初バーディーを獲ったK君。

意気揚々と次のホールへ向かいます。

 

 【東コース №8 424yards par4】

距離のあるミドルホールで、ティーショットの落としどころには左に池、右にバンカーがあり非常に難易度が高いホール。グリーン周りにも大きいバンカーがあるので、無理に2オンは狙わずに安全に3オンで切り抜けたい。

さあ、最難関ホールにやってまいりました。このゴルフ場は過去何度もラウンドしていますが、このホールだけはいつも叩いてしまいます。

 

そんなホールにやってきたK君。前のホールはバーディーなので、もちろんオナーです。

バーディーを獲った次のホールのティーショットは、66.7%(3回に2回)の確率で、右プッシュOBを打っている逆バウンスバック男のK君。K君以上にまわりの人間がドキドキしています。

 

ここを、

 

バキィィィーーーン!!!

 

 

『うおっ!!ナイスショット!!!』

同伴競技者が驚くような素晴らしいボールは空を切り裂き、池やバンカーを遥かに越えたフェアウェイのど真ん中に着弾しました。今日のK君は明らかに今までのK君と違います。

 

K君に続けとばかり放ったM君のショットは、

残念ながら右のバンカー。

 

 

それを見たS先輩のティーショットも、

左の池を怖がって右に一直線。(ちなみに私Nのティーショットは、いつも通りのチーピンで左手前の池。)

 

やっぱい難しいこのホールのティーショットをベストポジションに運んだK君のセカンドショット。

IPポイントまで飛ばしてますので、残りは170ヤードのやや打ち上げ。(池の横からの3打目がグリーンまで残り225ヤードだった私とえらい違いです。)

 

ここから、得意の5番アイアンで果敢にもグリーンを狙うK君。

ビッシイ!!

 

『おー、、、おっ!!乗った!ナイス!!!!』

もはやK君のギャラリーと化した、同伴競技者たち。

 

難しいピンポジションでしたが、高いボールでこの位置にボールを止めました。

 

M君は何とか4オン。

S先輩とNも同じく4オン。このホールは本当に難しいです。

 

そして、ひとり別次元のゴルフを展開するK君の3メートルのバーディーパット。

決めた!何と2連続バーディー!!

 

渾身のガッツポーズを繰り出すK君。

他の選手との圧倒的な格の違いを見せ付けて、いよいよ前半最終ホールに向かいます。

 

【東コース №9 386yards par4】

両サイドを木に囲まれ、左に曲げるとOB。セカンドショットではフェアウェイにある木がグリーンを遮るので、ティーショットの正確性が問われます。

2連続バーディーで波に乗るK君と、すっかり戦意を喪失してしまったS先輩。

両者の明暗はくっきりとわかれています。

 

そしてオナーの座をまったく渡さない、ゾーン突入中のK君のティーショットは、

これもナイスドローで、フェアウェイ左サイドをとらえました。ドライバーからゴルフをつくり、アプローチから崩れていくタイプですが、とにかくドライバーが良い今日のK君。

 

負けじとドライバーを叩くM君。

 

バギャーーーン!

これは凄いショット。K君より20ヤードくらい飛んでいます。

 

先輩として負けられないS先輩は、

ドローがつかまらず、プッシュアウト!まだS先輩のゾーンはやってきません。

 

ちなみにナイスショットだったK君のセカンド地点のボールは、

なんと目の前に木が!

ピンまで残り120ヤード。普通にピッチングで打てば前の木に当たるし、木の上を越えようとしたらグリーンには届きません。転がそうにも、グリーン手前には大きなバンカーがあります。

ゴルフ力が試される一打。ここでK君がとった選択は、、、

なんと、8番アイアンで低く打ち出すカットライナーボールを打ってきました。

木の幹ギリギリをすり抜けたボールはグリーン手前にオンし、スライスしながらピンに向かっていきます。このシチュエーションでは100点以上のショットでしょう。桁外れなゴルフ力を見せてくれました!

 

残り100ヤード地点まで飛ばしていたM君もピンを狙いますが、グリーンに乗せられず。

試合前はK君といい勝負をするかと思いましたが、いまや歴然たる実力差を感じます。

 

K君は見事、2オンに成功。

下りの早いラインで、距離感が難しいパッティングですが、

絶妙なタッチでピンに寄せます。

 

OK無しルールですので気を抜かず、慎重にラインを読んで、

この嫌な下りのパーパットを、

決めましたー!

見事なゴルフで前半9ホールを終えたK君。どこで崩れるかヒヤヒヤして見てましたが、ゾーンが続いたまま無事折り返しました。

同伴競技者のS先輩ともやや上から目線で握手。

このホールもやっぱりK君の独擅場となりました。

 

途中経過速報!

ということでカートナビにスコアを入力して、前半の結果を確認すると、、、

な、なんとK君のスコアは37!!

調子は良さそうでしたが、まさか1オーバーだったとは。いくつか惜しいパターがありましたが、もし入っていたらと思うとゾッとします。

 

『おー、やった!今日は調子が良いから30台出るかもとおもったら、まさかの1オーバー。』

本人は自覚していないようですが、ゾーンに入ってます。マリカで言えば、スターを取ってビカビカ点滅している状態です。

 

『いや、マジでKには参った。全然敵わない。』

対するS先輩はボギーペースの45。K君とは後半4ホールだけで8打も差が開いてしまい白旗状態です。

 

『全然ダメでした。まだまだ実力不足です。』

実力急上昇で期待されたM君でしたが、今日はショットがガタガタで50を切ることができませんでした。

ちなみに、カートでは他の組のスコアは確認できない設定にしてますので、レストランで休憩中の他の組のハーフチェックをしてみましょう。

 

お!いました。NETのスペシャリスト集団、『WEBマスターズ』チームです。

酔っ払いと初心者T君が楽しげに食事をしています。

※運転ではありません

『おつかれ~、どう限界突破できてる?』

 

『ダメですよ~、シミュレーションゴルフだとあんなに調子良かったのに、ボールに当たらないし、バンカーから出ないし、パットは入らないし。。。でも楽しいです!』

シミュレーションゴルフとの勝手の違いに苦労しながら、青空の下のゴルフを満喫しているT君。

その隣のテーブルには、

 

出ました!仲が悪いおじさん達をギュッと集めてみた、『因縁おやじ対決』チームです。

 

『わはははは!いえ~い!!』

 

『めっちゃ盛り上がってる。』

ゴルフで打ち解けて、宴会でさらに親睦を深める。おじさんならではのコミュニケーションです。

※全員運転ではありません

 

その奥には、、、

最終組、『SF日記決定戦』チームのS先輩、M君が切ない表情で静かに座っています。(K君はトイレに行ってるようです。)

『1組目と2組目はもうスタートホールに出たみたいよ。』

 

あら?そうか、5組が連なっているので、早いスタートの組はもう食事を終えたようです。

ということで急いでスタートホールに向かい、1組目と2組目のスコアを確認。その結果、参加20選手の前半終了時点の順位が見えてきました!

自身のベストスコアをパースコアとしてカウントし、パースコアよりどれだけ少ないかを競うサイエンスフィット日記オープン。

ハーフチェックの結果がこちら!!

 

 

やはり遠い昔にベストスコアを出した人が苦戦する傾向にあるようです。このルールは不利かもしれませんが、自分の撒いた種なので文句のつけようがありません。

 

 

おっと、ここでサイエンスフィット日記メンバーのM君が登場。上り調子であったものの、50を打ってしまったのは大きい。そして優勝候補のひとり、広告会社の人も前半は61を打ってしまったようです。

 

ここらへんに来ると実力が安定している上級者の顔ぶれが見えてきます。そんななか、S常務が7位にランクイン!前半見事49で回っております。

 

そして、優勝を争う上位陣、なんと、、、

 

K君が4アンダーでぶっちぎりの暫定首位!!

グロススコアでもトップと僅差です。ちなみに調子が悪いと言っていたT君も3位につけています。サイエンスフィット日記メンバーがまさかの上位争い。限界突破に向けてひたすら研鑽を続けてきた甲斐がありました。

 

ちなみに同組の人がチームとなり、サイエンスフィット日記方式スコアの合計で争う団体戦の途中結果はこちら。

 

『因縁おやじ対決』チームはさておき、なかなかの混戦です!いかに同組内で、支えあい、励ましあえるかが団体優勝の結果につながると思います。

では、そろそろ後半戦の戦いが始まりますので、引き続きレポートしたいと思います。

 

魔界の入り口。後半スタート!

【南コース №1 527yards par5】

スタートはロングホール。セカンド地点にはグリーン方向に木が連なっているので、ショートカットを狙って2オンを狙うか、木を避けて3オンを狙うか2つのルートがあります。

 

まずは1組目、『TEAMガチ勢』から見てみましょう。

長井コーチのダイナミックなショット!

さすが前半35で回った実力者。でもサイエンスフィット日記方式スコアだと3オーバーということになります。

 

続いて、日経カップ代表選手のエースY選手。

こちらも前半は35というスコアで、上級者に不利なこのルールでも全体順位2位につけています。

 

続いては前半振るわず、現在16位の怪物飛ばし屋E君。

巻き返すために、もちろん2オン狙いのマン振りショット!ミドルアイアンで2オンが狙えるくらい飛ばしています。

 

2組目、『ほぼほぼ同級生』の元祖飛ばし屋、Y選手も渾身の力で振りちぎります。

 

3組目、『WEBマスターズ』には、まさかの前半3位だったT君。もし後半50で回ることが出来たら、見事限界突破成功(自己ベスト更新)です。

そんな期待を背負いながら、、、

ナイスショット!フェアウェイをキープしました。

 

そして、4組目に登場したのは、S常務率いる『因縁親父対決』チームです。

K君の前半の結果は瞬く間に広がり会場は興奮に包まれましたが、そのスコアを一番喜んでいたのは何を隠そうS常務でした。

 

『やったなK!たいしたもんだ。後半もこの調子で何とかベスト更新してくれ。俺も後半は39で回ってベスト更新狙うからよ!』

 

『はい!ありがとうございます。S常務も頑張ってください!(30台は無理だろうけど)』

気合十分のS常務。

 

持ち球のローボールでフェアウェイをキープ!

 

そして、打倒S常務に燃える広告会社の人。

 

これもまずまずのショット!こうして4組がスタートしていきました。

 

残るは最終組の『SF日記主役決定戦』

主役K君と脇役のおふたりです。

 

前半の勢いをキープしたまま、後半も戦い抜けるのか、ゾーンの魔法は解けないのか。K君ティーショットは、

 

これもフェアウェイど真ん中にナイスショット!

 

さぁM君も続けとばかり、

 

あああ、、、これは右にふかして林のなか。

 

続いて、、、

 

防御力を【10】アップさせたS先輩が登場。

 

おっと、これは左にひっかけました。

 

ラフから何とかフェアウェイに戻すS先輩。

M君も林からの復帰を目指します。

コーン。

一度はまるとなかなか脱出できない魔宮のような林です。

 

さぁ、ようやくK君のセカンドショットの順番がきました。

グリーンまでは残り230ヤード。2オンを狙うには正面の木を超えなければなりません。攻めて2オンを狙うか、安全に3オンを狙うか。

 

アドレスはグリーンの方向を狙っています。

バキィィィーン

 

 

『あ!』

 

これが、大きく右に飛び出して林方向に!珍しくミスが出ました。

 

3打目は林からですが、グリーンまでは残り70ヤード。

コーン!

 

あっと、木に当たって目の前のバンカーに。

 

 

ピンまで残り50ヤード。中途半端な距離からのバンカーショットは、、、

ボッス。。

 

グリーン手前のガードバンカーへ!!あれれ、何かがおかしいぞ。

 

 

ガードバンカーからの第5打は、、、

キターーーーー!

必殺のレーザービーム(という名の大トップ)!ボールはグリーンを滑るように飛び出して隣のホールまで突き抜けていきました。

 

 

慌てる様子も無く隣のホールに向かうK君。

 

グリーンを狙う40ヤードのアプローチ。

 

なんとかグリーンに戻すことに成功しましたが、突然のトラブルの連続に、心中察するに余りあるくらい悔しそうな背中をしています。

 

 

『おーーーーい!』

 

それは、

 

『Kー!がんばれよー!!』

 

K君のピンチを感じて大きな声で声援を送る、前の組のおやじ達の掛け声でした。

暗く沈んでいたK君の背中にちょっと力が戻ってきたような気がします。おやじ達の声に押されてコースに戻るK君。

 

結局このホールはトラブル続きで、

痛恨のトリプルボギー。

 

 

 

自己ベストを目指すK君の前に急に立ち込める暗雲。

落ち込むK君に、どうしても確かめたいことがあり、聞いてみました。

 

『どんまい。でもさ、あのセカンドショットは無謀だったんじゃないの?あそこは木を避けて安全に3オンで良かったと思わない?』

 

『いえ、あそこは狙うべきでした。後悔もしていません。あそこから2オンできる実力が無いと、ベストスコアも出ないし、もっと上のレベルには行けないような気がしたんです。』

そう言って爽やかに笑うK君。

もちろんK君はまだ勝負を諦めた訳ではありません。

残り8ホールを4オーバーであがれれば自己ベスト更新、3オーバーであがれば夢の70台です。さぁ、K君の逆襲がはじまります。

 

つづく